「モノ継ぎ」代表 持永かおり

 

 

多摩美術大学にて、ガラス工芸と陶芸を専攻。

92年卒業後、陶の作品を制作・発表しながら、赤坂に本部を置く「いけばな草月流」本部造形科陶芸コースにて、加藤清之氏・小川待子氏のアシスタントとして指導に当たる。

2008年頃より、修理のための漆の勉強を始める。

二十年来、数多くの美術品や花器・陶磁器を修理・修復してきたことを生かし、

2011年に世田谷区の自宅にて個人ワレモノ修理プロジェクト「モノ継ぎ」を立ちあげる。

2013年より、漆芸蒔絵第一級技能士である小林宮子先生主催の蒔絵教室にて、蒔絵と漆全般の知識と技を学ぶ。

 

D&departmentのデザインリサイクルの趣旨に共感し、2014年より同社のリペアネットワークに参加。

現在、陶芸の指導と金継ぎの受注に加え、

2ヶ月に一度のd&department tokyoでの金継ぎ公開受付を開催中。