美術品・器のお直し/金継ぎ・銀継ぎ・漆継ぎ/ワレモノ修理

 kintsugi  gintsugi urushitsugi

 

「 モ ノ 継 ぎ 」 
m o n o t s u g i

 

金継ぎ師/国産の漆で直します/monotsugi/モノ継ぎ2021/東京/世田谷区深沢/修理


*  お知らせ  *

    

     一年半ぶりに

d&department tokyoでの金継ぎ公開受付

再開します

詳細・お問合せ・お申し込みは上記赤字リンク先にお願いします

日程

2021/7/24(土)

2021/8/28 (土)

(2021.07.05記

 

※ ※ ※

 

ホームページでのご依頼も、いつも通り、受け付けております。

 

※ ※ ※

 

テレビ朝日「しあわせのたね。」で

monotsugiが取り上げられました。

 

2021年5月15日(土)

午前9時55分~午前10時

#30 『金継ぎの技術が器と思い出をつなぐ』

SDGsという切り口からmonotsugiが紹介されました。

実質2分弱のミニ番組、Youtubeでアーカイブが観られます。

 

 

 Youtube「しあわせのたね」#30

クリックでリンク先へ行けます

 2021.5.15

 

※ ※ ※ 

 

web版「25ans / ヴァンサンカン」(ハースト婦人画報社)の

サステナブル記事の金継ぎ特集内にて

monotsugiを取りあげていただきました

 

サステナブルの前衛へ。知っておきたい、“金継ぎ”伝統工芸の今

画像クリックでもリンク先へ行けます

 2021.4.27

 

※ ※ ※

 

   2017年の拙著、

"繕うワザを磨く 金継ぎ上達レッスン"

持永かおり監修/メイツ出版

の新版が2020年12月に出ました。

 

タイトル右に小さく「新版」とあります

内容は2017年版と同じです

2021.01.09

 

※ ※ ※

 

「ガラスの割れとヒビの、漆による直し」を、

しばらくの間お断りさせていただきます

詳細は「お問い合わせ」をご覧ください

         

※ ※ ※

 

監修した技術書「金継ぎ上達レッスン」の follow up page

「基本の道具のページの補足」をupしました 2017.11

 

本書の一部をスライドでお見せします

  

金継ぎの技法書を監修いたしました。

 

"繕うワザを磨く 金継ぎ上達レッスン"

持永かおり監修/メイツ出版/2017年9月23日発売

 

 

2020年12月刊行の新版は、2017年版と同内容です

 (表紙タイトル右に小さく「新版」とあります/ 2021.01.09記

 

 amazon

楽天ブックス

セブンネットショッピング

honto

 また、

本書出版に伴い、follow up page を始めました。

本書に書ききれなかった事を補足するページです。

漆や金粉銀粉の購入先など、今後も少しずつ補っていきますので

ご興味のある方はご覧ください。

 

 

※ ※ ※

 

 

カルチャーグラフ誌「FAマガジン_FA57 "つぎを。"」にて

monotsugiを見開き2ページで取り上げて頂きました。

2月に割れた器、3月に継いだ器を持永かおりの掌に載せ撮影。

monotsugiのコンセプトや成り立ちを

とても上手くまとめて言葉にしていただきました。

掲載された「FAマガジン」は一部美容サロンのみの配布ですが、

FA magazine FBページにて全ページお読みいただけます

※2020年10月、リンク不備を修正しました

 

 2020.6.13

 

※ ※ ※

 

世田谷百貨店さんの企画

「漆で繕う・金継ぎ(仕上げだけ)ワークショップ」

全2回を無事終了しました(2019年1月29日)

参加いただいた皆さま、世田谷百貨店の皆さま、

どうもありがとうございました

 2019.1.31

   

※ ※ ※

   

NHK Eテレ デザインあ #145

「なおす 〜つなぎあわせる〜 2min

2018年6月2日 放送
「モノ継ぎ」持永かおりが出演しました

※ノンクレジット出演

BGM:cornelius 
ディレクター:山中有

 

design_Ah_website_link

 2018.10.3 

 

 

※ ※ ※

 

 Cracked BLUE cafe au lait bowl 割れ 銀継ぎ 金継ぎ kintsugi gintsugi kintsukuroi kin-tsukuroi
BLUE cafe au lait bowl repaired by gintsugi 割れ 銀継ぎ 金継ぎ kintsugi gintsugi kintsukuroi kin-tsukuro

 

 大切 なモノがこわれてしまった…

 

それを捨てることも出来ずに、

ずっと持ち続けている。

そんな人の多さに、驚くことがあります。

 

修理とは、ただモノを直すだけではなく、

一度止まってしまったモノとヒトとの時間を

再び動かすことだと思っています。

 

動き出した新しい時間が、

そのヒトにささやかな幸せをもたらすかもしれない。

そんな願いを込めて、

「モノ継ぎ」を立ち上げました。

 

大切なモノとヒトとの時間を

よみがえらせるお手伝いが出来れば幸いです。

 

 

モノ継ぎ 持永かおり
monotsugi kaori MOCHINAGA

  

※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

「モノ継ぎ」は、岩手県浄法寺産の漆を主に用い直しています。

 

貴重な国産の漆を使わせていただくことは、一見贅沢なことのように思われがちですが、直した後の堅牢さ、美しさ、何より縄文時代より日本人の生活に欠かせなかった「漆」と言う文化を守るという意味でも、こだわり続ける価値があると考えています。

 

サイトマップ

 

金継ぎ kintsugi monotsugi tokyo japan kintsukuroi repair kin-tsugi モノ継ぎ 東京
金継ぎ  銀継ぎ gintsugi gin-tsugi silver kintsugi monotsugi tokyo japan kintsukuroi repair kin-tsugi モノ継ぎ 東京
金継ぎ kintsugi monotsugi tokyo japan kintsukuroi repair kin-tsugi モノ継ぎ 東京
金継ぎ kintsugi monotsugi tokyo kintsukuroi repair kin-tsugi モノ継ぎ 東京
金継ぎ kintsugi monotsugi tokyo japan kintsukuroi repair kin-tsugi モノ継ぎ 東京
銀継ぎ gintsugi monotsugi tokyo japan モノ継ぎ 東京 金継ぎ kintsugi monotsugi tokyo kintsukuroi repair kin-tsugi gin-tsugi
金継ぎ kintsugi monotsugi tokyo japan kintsukuroi repair kin-tsugi モノ継ぎ 東京